研究開発

ホーム > 研究開発

常に市場を見据え、必要とされる技術を追求します。

研究所では、「生(生産)・販(販売)・技(技術)三位一体」の事業方針の下、営業部門、生産部門、開発部門と連携して、既存製品の技術サポートおよび次世代を担う素材の創造に励んでいます。

また、新規分野へのチャレンジを信念に、常に技術力の向上に努めています。

グリセリン・工材グループ

グリセリン、ポリグリセリンおよびその誘導体の特長を活かし、プラスチック、電子部品、農薬などの分野に向けた用途開拓と機能性添加剤の開発を行っています。

粧材グループ

グリセリン誘導体の特長を活かした化粧品向け素材の開発を進め、新たな化粧品材料としての可能性を追求しています。

食材グループ

食品分野におけるポリグリセリン脂肪酸エステルの用途開拓を進めるとともに、国内外で多様化する食品加工技術のニーズに対応した製品の開発を行っています。

化成品グループ

特殊エポキシ樹脂や臭素化エポキシ系難燃剤などのエポキシ誘導体の機能を追究した研究開発を行い、機能性の向上を図るとともに、新たな分野への用途開拓や機能性材料の開発に取り組んでいます。

素材開発グループ

グリセリン誘導体を中心とした自社製品の機能性の解明など、自社の基盤となる技術の構築および深化に取り組んでいます。また、この技術を活かして機能性の高い新規商品の開発を目指しています。

プロセス開発グループ

グリセリンやその誘導体、特殊エポキシ樹脂などの新たな製法の開発を進めることで、既存製法では成し得ない高機能な商品の開発を行っています。

ページトップへ