製品情報

ホーム > 製品情報 > グリセリン

グリセリン

規格一覧表

グリセリンの発見

グリセリンは、無色透明のシロップ状の液体で、匂いがなく、甘みがあります。その名前はギリシャ語のglykys(甘い)に由来し、1779年にスウェーデン人のK.W.シェーレがオリーブ油加水分解物の中から発見しました。 当初は、膠(にかわ)やコルクの製造に使われていましたが、その用途は次第に織物やインクの染色助剤に拡がっていきました。また、1867年にA.B.ノーベルがグリセリンからダイナマイトを製造、グリセリンの用途拡大の一大転機を迎えることとなりました。

グリセリンの製法

グリセリンは、高等植物や海草、動物などに広く含まれ、私たち人間も、皮下や筋肉などに「脂質」という形で蓄えています。グリセリン骨格の3個の水酸基すべてに脂肪酸がエステル結合したものが「脂質」あるいは「油脂」と呼ばれています。

グリセリンには、ヤシの実などの「油脂」を原料とした天然グリセリンと、石油を原料とする合成グリセリンとがあります。通常、天然グリセリンは油脂を加水分解して得られる水溶液(甘水)を精製、濃縮し、粗製グリセリンを製造、さらに蒸留、精製して製品化する方法で生産されています。

現在では資源の再生産の立場から世界的にも天然グリセリンが主流となっており、当社も国内および海外(フィリピン)で天然グリセリンを製造、販売しています。

組成・成分情報

化学名 1,2,3-プロパントリオール又はグリセロール
分子量 92.1
既存化学物質 整理番号 2-242
CAS NO. 56-81-5

物理的・化学的性質

性状 無色透明なほとんど臭いのない、甘みのある粘稠な液体
溶解性

水、アセトン、エタノールなどに溶解する

エーテル、ベンゼン、クロロホルムなどに不溶

沸点(760mmHg) 290℃
融点 20℃
比重(20/20℃) 1.26
引火点 177℃
発火点 393℃
粘度(20℃) 1499mPa・S

特性

保湿性、吸湿性、粘稠性、熱安定性、溶解性、可塑性、安全性

荷姿

  • ローリー
  • ドラム缶(250kg)
  • 石油缶(22kg)

用途

医薬品(パップ剤、浣腸、坐薬、軟膏など)、化粧品(クリーム、ローションなど)、トイレタリー、食品、モノグリセライド、カプセル、アルキッド樹脂 、ポリウレタン、セロファン、フィルム、ハミガキ、マウスウオッシュ、インキ、香料、タバコ、タバコのフィルター、火薬、不凍剤、石鹸、繊維、紙、溶剤、コンデンサー、その他

有害性

調査した範囲では、記載すべき特別な有害性は知られていません。

急性毒性 LD50 経口 ラット12600mg/kg
刺激性 皮膚 ウサギ500mg/24H マイルド

取扱い上の注意

通常の取扱い条件(常温)において安定。吸湿性が強いので開放後の取扱いに注意が必要。
クロム酸、塩素酸、過マンガン酸などの強酸化剤と接触すると爆発する恐れがあります。

適用法規

消防法:危険物 第4類第3石油類(水溶性 4,000リットル 危険等級III)
PRTR法:第1種、第2種指定化学物質に該当せず。
ご使用にあたっては当該製品の安全データシート(SDS)をご参照ください。

製品一覧

精製グリセリン 食品添加物グリセリン 食品添加物グリセリン85% 日本薬局方濃グリセリン
日本薬局方グリセリン 化粧品用濃グリセリン 化粧品用グリセリン85%

上記以外のグレードもございますので、お問い合わせ下さい。

記載内容の取扱い

記載内容は現時点で入手できた資料、情報、データ等に基いて作成しておりますが、含有量、物理化学的性質、危険・有害性等に関しては、いかなる保証をなすものではありません。また、注意事項は通常の取扱いを対象としたもので、特殊な取扱いの場合には、用途、用法に適した安全対策を実施の上、ご利用ください。

ページトップへ