事業内容

ホーム > 事業内容 > 化成品部門

化成品部門

試作品から大型マルチプラントによる大量生産まで

化成品部門では、有機合成に関する広域なノウハウを基に、特殊エポキシ樹脂およびエポキシ誘導体の研究・開発に注力し、多くの製品を生みだしてまいりました。また、これまで培った技術を活かして、お客様の製品開発も強力にサポートしています。共同開発はもちろん、お客様の商品設計に応じた試作品の提供から、大型マルチプラントによる大量生産まで一貫した対応で、信頼をいただいております。

特性 可塑性、難燃性、耐衝撃性、耐クラック性、接着性
用途 電子部品、ヘアケア製品、舗装材、接着剤、塗料、基板
取扱製品 特殊エポキシ樹脂 各種グリシジルエーテル、各種グリシジルエステル、臭素化エポキシ系難燃剤(SR-Tシリーズ)、反応性カチオン化剤(SY-GTA80)、ほか

生活関連商品から電子材料まで広域なノウハウで素材の機能性向上を実現します。

特殊エポキシ樹脂の一種である、「各種グリシジルエーテル類」は、電気注型剤、接着剤、塗料、舗装材料などの原料となるさまざまな樹脂の接着性、耐候性、可撓性の改良および粘度調整剤として使用されています。また、カチオン化剤「SY-GTA80」は、ヘアケア製品のトリートメント向上剤や、パルプ紙の紙力増強剤の反応原料として使用されています。エポキシ誘導体の一種である、プラスチック用難燃剤「SR-Tシリーズ」は、主としてPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂の難燃剤として使用され、その用途であるリレーやコネクター等の電子部品、電子機器の安全性の向上に寄与しています。

ページトップへ