事業内容

ホーム > 事業内容 > グリセリン部門

グリセリン部門

お客様のご要望や用途に適した天然グリセリンを提供します

グリセリン部門では、天然グリセリンを各業界のお客様の商品設計に合わせて改良・製造・販売しています。保湿性、粘稠性や熱安定性などの特性を持つグリセリンは、医薬品、食品、化粧品の原料として用いられる一方、その高い安全性から環境保全関連商品の原料としても限りない可能性を秘めており、さまざまな産業分野で注目されています。

阪本薬品工業は天然グリセリンの専業トップメーカーとして、品質の飽くなき追求と安定供給という使命を果たすほか、技術とノウハウをベースに提案活動を通じて皆様にお役立ていただいております。また、共同開発や独自の用途開発にも積極的に取り組んでいます。

特性 吸湿性、溶解性、熱安定性、可塑性、保湿性
用途 アルキッド樹脂、ポリウレタン、食品、化粧品、医薬品、インキ、ハミガキ・マウスウォッシュ、セロファン、フィルム
取扱製品 グリセリン(精製、食品添加物、日本薬局方、化粧品)、各種グレード、ほか

グリセリンとは

グリセリンは無色透明で、匂いは無く、甘みのあるシロップ状の液体です。その名前はギリシャ語のglykys(甘い)に由来し、1779年にスウェーデン人のK.W.シェーレがオリーブ油の加水分解物の中から発見しました。

グリセリンは高等植物や海草、動物などに広く含まれ、私たち人間も皮下や腸間膜、筋肉などに「脂質」というかたちで蓄えています。今では、「人体に害が無く、有益な物質」として、医薬品や食品、化粧品に欠かせない素材となっています。

ページトップへ