環境・CSR

ホーム > 環境・CSR > 安全衛生・人権

安全衛生・人権

安全衛生・人権指針

社会規範、人権を尊重し、
安全で働きやすい職場づくりを進めます

  • 労働基準法、労働安全衛生法など社会・社員を守る法規制を遵守します
  • 化学物質の安全な取扱いを徹底し、労働環境の改善に取り組んでいます
  • 社員の人権を尊重し、各人の個性を生かした活気のある職場づくりをめざします

化学物質の安全な取り扱いと労働安全衛生

危険物、有害物の保管・取り扱いは、必要な設備の設置や取り扱い基準の策定など、法規を遵守した管理に努めています。

また、安全衛生を確保するため、各職場の労働安全衛生活動として、定期点検・改善を実施しています。定期的に、各事業所内での消防・防災訓練や、周辺地域と共同での防災・避難訓練を実施しています。

各事業所の防災訓練

自衛防災集合訓練
(泉北工場:2015年6月)

自衛消火訓練
(大東工場:2017年)

赤穂工場開設以来初となる、赤穂市消防本部との消防防災合同訓練を実施(2017年3月)

安全衛生に関する外部からの表彰・評価

泉北工場:危険物関係事業所における安全管理および保安の確保に尽力した功労に対し、大阪府知事より感謝状を贈呈されました。

赤穂工場:労働安全衛生に注力した事業所に対して贈られる「安全衛生進歩賞(相生労働基準協会 2016年度安全衛生大会)」を受賞しました。

働きやすく、女性が活躍できる職場

男性、女性共に社員が安心して職務に従事でき、活躍できるように次世代育成制度及び女性活躍推進制度を導入しています。

2018年4月1日

次世代育成行動計画(第4回)

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成30年4月1日~平成33年3月31日の3年間
  2. 内容

    目標1: 男子社員の育児休業取得者の増加を図る。
    対策: ●2018年4月1日~ 他社事例を参考に取得方法の見直し
      ●2019年4月1日~ 該当男性社員への情報提供と制度説明
      ●2020年4月1日~ 対象者個人への制度説明と利用促進
    目標2: 年次有給休暇の取得を促すため、取得状況を公表し意識啓発を継続的に図る。
    対策: ●2018年4月1日~ 各事業所の有給休暇取得の把握の継続
      ●2019年4月1日~ 各事業所の有給休暇取得率の順位公表と取得促進
      ●2020年4月1日~ 取得率の低い事業所においては有給奨励日の設定

女性活躍推進行動計画(第1回)

女性労働者に対する職業生活に関する機会の積極的な整備や提供などを行い女性の職場での活躍を推進するため次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    2016年4月1日~2021年3月31日の5年間
  2. 内容

    目標1: これまで女性社員の配置の少なかった製造部門(直接部門)に占める女性割合を5%以上にする。
    対策: ●2016年4月1日~  製造部門の課長とヒヤリング等により女性社員を配置する上での課題を把握し、対策を検討する。
      ●2017年4月1日~  配置する上での課題改善と省力化を推進する。
      ●2018年4月1日~  女性社員を対象に現場見学などを実施する。
      ●2019年4月1日~  必要な資格等の取得を推進する。
      ●2020年4月1日~  必要な研修を実施し、配属を推進する。

教育制度・福利厚生の充実

教育制度では、全従業員対象の通信教育や新入社員の海外研修を行い、社員の育成を進めています。

また社員の福利厚生にも力を入れ、各職場の催しや懇親会、クラブ活動などの援助を行っています。

さらに、社員のこころとからだの健康維持に向けて、社外EAP(従業員支援プログラム=ティーペック株式会社に委託)や健康診断などの取り組みを進めています。

新入社員海外研修(フィリピン現地法人研修:2017年11月)

新入社員海外研修
(フィリピン現地法人研修:2017年11月)

本社社員旅行(有馬温泉:2017年9月)

本社社員旅行
(有馬温泉:2017年9月)

アウトドアサークル

アウトドアサークル

ページトップへ